医療情報技師の資格を取る

医療情報技師の資格は、一般社団法人日本医療情報学会が与える民間資格です。
電子カルテ化などで病院内のデータを電子化するにあたって、そうした情報やシステムの保守や運用を的確に行うために必要な知識を持っているということを示す資格です。
医学・医療系、情報処理技術系、医療情報システム系の3つのテストがあり、マークシートによる選択問題です。
大体6割程度正解すると医療情報技士の資格が取得できます。
現状では、医療情報技師の資格を取ったからといって格段就職に有利になるということはありません。
でも、これからマイナンバーなども普及していくと、個人情報のセキュリティーに慎重になる病院も多数出てくるはずなので、重宝される資格となるかもしれません。
なぜなら、情報システムに関する知識と、医学や医療の知識を持ち合わせている人材というのはそういないからです。
そして、病院は個人情報の宝庫ですから、しっかりとしたIT知識を持つ人が必要となっていきます。
そういった知識を得るきっかけとして医療情報技士の資格を取得してみるのも良いでしょう。